挑む人

『M-1沖縄予選に出場した理由』すぐに劣等感を抱いてしまう自分を変えるための挑戦

 

 

沖縄のエンターテイメントの業界を盛り上げたいという想いをもち、沖縄の芸人を目指して今年のM-1の予選にも出場。多くの人に笑いを届けたいという思いで、色んなことに挑戦する挑む人をお呼びしてお話を伺っていきます!

 

オキラジ(FM85.4MHz)
挑む人 by LEAD ONE
11月5日 20時~20時30分
放送書き起こし

ゲスト:山城大地さん

 

劣等感を克服するため、M-1沖縄予選に出場

山城太一といいます。年齢は27歳になります。

沖縄に住んで27年になります。

2年前くらいまでは琉球大学に在学して、哲学とか心理学系を学んでました。

昔からそういう抽象的な事柄、哲学とかが好きだったのでその学部に進学しました。

周りが何人か県外に行っていて、そういう人たちの話を聞いて外に出てみたいなという気持ちもあります。

東京とか行ったことないので行ってみたいですね。

数ヶ月までに開催された今年のM-1の予選に、初めて出場しました。

 

ー沖縄のお笑い業界ってどうですか?

まだ沖縄は県外に比べると、M-1の出場者は少なかったと思います。

でも、沖縄には面白い人がたくさんいると思います。

潜在的な原石がたくさん眠っていると思ってて、それは他のジャンルでも同じかなと。

だからそれぞれが良いところを見つけて、それを伸ばすということをみんながすればそういう原石が磨かれますよね。

みんな原石ですから、そういう意味では沖縄はスペックが高い人が多いです。

 

ー劣等感から芸人を目指したということ

意外と僕自身、昔から周りと自分を比べがちなんですよね。

そんな自分を変えたくて、どうしたら比べなくなるのかなと思ってネットで調べたり試行錯誤したりしてました。

人と比べると、どうしてもネガティブになったりしてしまうんですよね。

人と比べて自分が劣っていると劣等感を感じて嫌になる。

この競争社会の中で生きてきたから、仕方ないのかなと思う部分もあります。

日本の教育って昔から競争させたり比較したりする文化があるので、そういう劣等感が根付きやすい教育なのかもしれないですね。

運動会の「かけっこ」とか、中高の時の「席次」とかがそうですよね。

 

ーお笑いをやりたいと思ったきっかけ

そんな中で大学生になった時に、クラスメイトに大阪から出てきた関西出身の人がいて。

関西出身っていうだけあって、やっぱり喋りが上手なんですよね。

普通に話す内容が面白くて、周りを笑わせたりしてる姿を見て羨ましいなと思ってました。

自分はどっちかといえば内向的な性格だったので、そういう姿に憧れていましたね。

そういうのもあって、「自分も何か挑戦したい」、「目立ちたい」という思いでM-1に出場してみました。

 

行動に移せたきっかけ

ー昔から人を笑わせたりするタイプだったんですか?

昔からクラスでも目立つ方でもなく、そういうタイプではありませんでした。

でも、何かしらの形で人を笑わせるようにはなりたいと思ってました。

自分は全然社交的なタイプではないので。

 

ーM-1に出る乗ってハードル高くないですか?

普通に、興味本位で出場しましたね。

僕、行動を起こす時にはすごく波が激しくて、動けないと鬼は全然動けないんですけど、決めたらパンっと動けるタイプなんですよね。

だからM-1の出場も決めたからにはやろう!って感じで出場を決めました。

ちなみに、相方はSNSで募って出会いました。

向こうも相方を探していたようで、漫才と同時にユーチューバーもやってみたいなと言うことで意見があったので、そこにも挑戦してみようと思ってます。

 

ー実際に出てみてどうでしたか?

お客さんも結構いて、緊張しましたね。

でもやっぱ全然笑われないんですよ(笑)

難しかったです。

ネタができたのも1ヶ月前とかで、コンビ結成も割と最近でした。

もちろん笑ってもらえるかどうかも大事ですけど、「自分を出せてるなー」って感じがして良かったです。

結局、1回戦で敗退してしまったんですけど。

それで、「予選落ち残念だね」なんて話しながら相方と帰る途中、会場の外で信号待ちをしてると

親子がきて「めっちゃ面白かったです!」っていう風に声をかけてくれて。

「ん、まじか!」ってなって二人で喜びました。それで気持ちは前向きになりましたね。

 

ー今後、挑戦していこうと思ってること

地道に前進していきたいです。

目標は、「お笑い芸人」というくくりだけではなく「エンターテイナー」として活動したくて。

最近でいうと「せやろがいおじさん」とかすごく人気が出てますけど、SNSとかをうまく使っているのをみて、ああいう感じで自分もしていきたいです。

真面目な話は得意なので、そういうのも出していけたらと思ってます。

SNSとかYouTubeとかが発展してるおかげで個人が世の中に出やすい時代になってるので、そういう意味では良い時代ですよね!

 

ーこれからやること、1個決めて宣言しましょう

そうですね、、じゃあ、動画配信を始めます!

YouTubeとかSNSとかで動画を出します。

 

ー不安がある中で新しいことに挑戦したいと思ってる方へのアドバイス

僕自身もまだ発展途上の段階なので、上から目線で何か言うとかはできないんですけど、、

だからそう言う人たちいたら、僕と一緒に何かしましょう!

僕がその人の背中を押しますし、逆に僕の背中も押してください。

SNSとかで連絡ください!

僕の背中を押したい人も募集してます(笑)

 

今回のラジオ音声

挑む人公式ページ

 

ピックアップ記事

  1. 『大学生活』の使い方
  2. 沖縄で活動する『LEAD ONE』とはどういうコミュニティなのか?
  3. 【学生起業への挑戦】沖縄の22歳の学生が大学を休学して家事代行サービスを立ち上げ…
  4. “やりたいこと”の見つけ方【インタビュー】
  5. 沖縄の大学生が“今すぐ”起業する方法

関連記事

  1. 挑む人

    ネガティブ思考との向き合い方

    ◆挑む人◆沖縄ラジオ株式会社(FM85.4MHz)月曜…

  1. ライフスタイル

    沖縄で副業をするなら〇〇がオススメな理由!
  2. マーケティング

    広告文の成約率を高めるPASONAの法則
  3. マーケティング

    『note』を活用して知識・スキル・経験を販売する方法
  4. 収益者インタビュー

    カナダで感じた「日本の“働き方”に対する違和感」【収益者インタビュー】
  5. 収益者インタビュー

    半年で二度の大イベントを企画した沖縄の大学生に取材してみた。
PAGE TOP