挑む人

安定と言われる公務員の肩書きを捨てて転職した理由とは!沖縄での副業と働き方について

 

 

 

「理想の働き方」を実現するため公務員を辞めて一般企業に勤めながら、本業以外にも「複業」することで二足の草鞋を履きながら今後は独立するための準備を進める挑む人をお呼びして『これからの時代の働き方』をテーマにお話を伺っていきます!

 

オキラジ(FM85.4MHz)
挑む人 by LEAD ONE
9月17日 20時~20時30分
放送書き起こし

ゲスト:仲村渠さん
会社員(福祉)

 

安定と言われる公務員から会社員へ転職したきっかけ

現在は28歳で、企業で社員しながら副業として活動しています。

高校卒業から22歳まで公務員として働いていました。

高校の時に「公務員は安定」っていう先入観みたいなのがあってそれで選びましたね。

就職した時は一生そこで働くのかなと思ってたんですが、

ちょうど働いていた時に東日本大震災があって考えさせられるきっかけがあったり、定年が少し早いというのもあって少し考え直すことになりました。

そんな時、定年退職した元上司だった人が退職1ヶ月後に久しぶりに会うことがあって。

定年前には月収50〜60万円あった給料が、退職後には15万くらいになったという話や、これから子供の大学進学とかもあって結構大変だという話を聞きました。

それで公務員といっても絶対安定でもないのかなっていうような思いになりました。

そこから公務員を辞めて、2年間専門学校に通い直してから福祉関係の仕事につくことにしました。

 

会社員でありながらの副業

1日の時間が24時間あって、8時間働いてるとしても残り16時間あるじゃないですか。

その時間を使って何かしたいなと思ったのが副業に取り組み始めたきっかけです。

単純に、毎月給料の振込日が1回しかないのが少し怖いなと(笑)

時代的にも副業をどんどん後押しする流れは確実に来てると思います。

一般企業もどんどん副業がオッケーみたいになってきてますからね。

特に大企業ほど副業を認めるようになってきて、今年は「副業解禁元年」とか呼ばれたりもするようになってます。

 

副業する人の人口が増えたきっかけとしては、1つは国の働き方改革っていうのが関係していると思います。

あとは本人のスキルアップの目的でやってる人も多いですよね。会社以外のところで生きていく力をつけるという意味で。

少し前までは「終身雇用」っていうのが当たり前ではあったものが、それも徐々に当たり前ではなくなってきていて。

自分で別で収入源を作ることが一番の安定かなと思います。

副業をすることで、本業に支障をきたすみたいな考え方もあるようですが、むしろ副業することで本人のレベルアップに繋がって、それを本業に繋げる流れを作ろうと思えば作れますからね。

今けっこう世間ではそういう働き方がどんどん一般化してきてる気はします。

 

 

「複業」としての「副業」

個人的にはみんな副業することをオススメしてますね。

よく「お金降ってこないかなー」っていう人も多いですが、そういう願望があるなら本業以外に何かに取り組む努力をしてみればいいと思います。

ただ、副業といっても時間に追われて本業が疎かになってしまうと本末転倒なので、そういった働き方はオススメしません。

例えば、僕の友達とかでいうとメルカリっていうサービスを使って月に20万円くらいの副収入を得てる人も実際にいたりします。

それなら基本的にはスマホがあればできるので、そんなに体力を酷使する必要もないと思います。

副業するってことは、ただお金を得られるだけではなくてマーケティング力が身についたりすると思うので、スキルアップという意味でもいいですよね。

 

そもそもなぜ、働くのか

まずは一つ、日本人として「勤労の義務」っていうのがあるからですからね(笑)

今の社会はお金で成り立ってるところはあるので、お金を稼ぐことは大事だと思います。

それとあと「やりがい」ですかね。

人は誰でも社会のためとか人のために貢献したいっていう気持ちがあるので、それが仕事を通じてできれば最高だと思います。

僕自身も人と関わることが好きで、それもあって福祉関係の仕事をしようと思いました。

なのでたとえ副業が本業を上回るようになったとしても、福祉関係のことはしていると思います。

 

これから仕事を選ぶ学生へのアドバイス

せっかく手元にスマホがあるので、色んな職業を調べてみてほしいです。

バイトとかをどうせやるなら、色んな仕事を経験してみるといいと思います。

あとは色んな人の話を実際に聞いてみてほしいですね。

盲目的に「公務員」を目指したがる人も多いように感じるんですが、ロボットとか人工知能とかの発達で色んな新しい仕事もどんどん生まれてきていますしその流れは今後もどんどん進んでいくので、

色んな仕事に注目して、勉強して、興味があるものがあれば実際にやってる人に話を聞くとかしてみてほしいです。

ユーチューバーとかプロゲーマーとかが分かりやすい例かなと思っていて、大人の方からすれば理解できない仕事かもしれないですけど、普通に仕事として成り立っていたりしますからね。

 

これから沖縄で副業を始めるなら

なんでもいいと思うんですが、時間に追われず本業に支障をきたさないことをすることですね。

スマホとかが発達してるので、沖縄にいながら家でできることだってたくさんありますからね。

例えば自分の経験とか知識をSNSなどを介して発信していくことで、それがコンテンツとなって新しい収入源にすることもできると思います。

会社の規則で禁止されてたりするかもしれませんが、それでもできることはあると思うので、とりあえずやっちゃえ!くらいの気持ちで取り組んでみるといいと思います。

 

今後挑戦したいこと

最近けっこう学生と交流する機会が増えて、海外に行きたいなと思うようになりました。

今は福祉の仕事をしているので、海外青年隊を使ったり短期留学をしてみたりしたいです。

どうせいくなら日本よりも発展が遅れてるような国にいってたくさんのことを感じてみたい。

それで世界中を回って仕事ができたらなという思いもありますし、やはり沖縄が好きなので沖縄で人を応援したり支えるような仕事をしたいなという思いもあります。

 

 

ピックアップ記事

  1. 沖縄で活動する『LEAD ONE』とはどういうコミュニティなのか?
  2. 『大学生活』の使い方
  3. “やりたいこと”の見つけ方【インタビュー】
  4. “今、何を優先するべきなのか”を考えるということ【インタビュー】
  5. 学生起業への挑戦【インタビュー】

関連記事

  1. マーケティング

    「ブログネタがない!」という時の解決法

    「ブログに書くネタがなくなった」という質問を受ける…

  2. マーケティング

    マーケティング効果を最大化させるペルソナ設定方法

    ビジネスを新しく作るとき、そのビジネスの「理想のお…

  3. マインド

    本質は常に地味

    「成功法則」だとか「裏技テクニック」だとか、そうい…

  4. 沖縄

    【箕輪厚介さん沖縄講演】チケット販売を開始

    箕輪厚介さん沖縄講演会11/17(土)14:00〜…

  5. マーケティング

    沖縄ではあまり使われない集客ツール

    ここ5〜6年のうちに急激にユーザー数を伸ばしている…

  6. 挑む人

    沖縄から世界へ / あずさプロダクション株式会社 阿波根あずささん

    「ミス沖縄」「泡盛の女王」など沖縄をPRする活動を通し…

  1. 挑む人

    「沖縄 × 学生 × 起業」 学生起業対談
  2. マインド

    アウトプットを前提としたインプット
  3. マインド

    本質は常に地味
  4. 挑む人

    沖縄から世界へ / あずさプロダクション株式会社 阿波根あずささん
  5. キュレーション

    YesManになるために【Go Zukeyama Okinawa exploer…
PAGE TOP