挑む人

高い目標を達成するために

 スクリーンショット 2018-03-04 23.01.40

「何かで沖縄一になりたいという思いで、肉体改造を本格的にスタート。まずは沖縄でフィジークチャンピョンを目指し、そこから「沖縄から世界へ」を目標に日々肉体改造に励む挑む人をゲストにお呼びしてお話を伺っていきます!

なぜ筋トレにこだわるのか

ー簡単に自己紹介をお願いします

豊見城出身の23歳です。今年の3月に大学を卒業して、アパレルで働きながら日々トレーニングに取り組んでいます。

中学は野球、高校はバスケットをしてました。その時から身体を作ることは好きでしたね。

でもその頃は、今と比べると全然ちっぽけなもんです。

大学3年生から本格的に筋トレをし始めて身体を作り出しました。

鍛え出す前は、脂肪が多い方というか、もうデブでしたね。

大学2年なのにお腹も出てて中年太りのおっさんみたいな感じでした。

そもそも始めたのも、「痩せたい」っていう思いが強かったのもあります。

IMG_0811

ー筋トレはやった方がいいのか?

筋トレをやらなかった日と、やった日では仕事の効率の良さが全然違います。

筋トレをやったことで、脳が活発になってやる気がでますね。

あと、表情とかオーラとかも変わってきます。

威圧感があるというか、エネルギー度が上がってきますね。

筋トレしただけで変わるというわけでもないと思いますが、意識は変わります。

ー鍛えながら痩せたい人がまずやるべきこと

まず、有酸素運動をするといいです。

ランニングマシンを歩く程度にしていく感じで。

あとは負荷をかけてスクワットをするとか。

それを継続すること。

逆に、太れないという人は、吐くくらい食べてください。

胃を大きくするには食べることを習慣化して、食べることに慣れる。

ー筋トレで目指すもの

まず、沖縄の大会で勝てるようになったら、全国に行きたいと思っています。

自分は“フィジーク”という部門でやっていて、これは上半身だけでポージングをして順位を決めるものになります。

フィジークにハマった理由は、達成感ですね。

食事制限とかもして追い込むので、大会が終わった後の達成感がすごく大きい。

始めはきついかもしれませんが、1年くらい経てば減量とか増量を繰り返していくと、身体も慣れてくるのでそんなに苦しいものでもないです。

もともと、大学3年の時に初めて大会に誘われて視察に行ったんですがその時に初めてフィジークという種目を知りました。

そこでフィジークに魅力されて。

初めて見た時に、「目指したいものはこれだ!」と思えましたね。

目標を達成するということ

ーどうすれば結果が出るようになるのか

筋トレに限らず、ビジネスでもスピーツでも勉強でも何に関しても、継続が大事ですね。

自分の場合はスタッフと話すことでモチベーションを保つようにしていました。

モチベーションを保つコツは、場所に行くことかなと思います。

ジムとかであれば、行ったらスイッチが入るので、そこに行くまでが勝負です。

その日ダルいと思っても、とにかく足を動かしてその場所にいく。

そしたら勝手にスイッチが入ります。

だから場所がものすごい大事ですね。

あとはYouTubeとかでやり方を調べて、「明日これやろう」みたいなことを思うようにしていました。

ー目標を掲げるということ

自分の場合は目標が大会に出て優勝したいというのがあったのでそれもモチベーションになっていました。

だから、目標を持つことですね。

例えば、体重を何キロにするとか、ベンチプレスキロを何回するとか。

自分があげれる重量と回数をメモしておくことで、続けるモチベーションになると思います。

ー前田さんの今後の挑戦

3年後に、世界のオリンピアという大会に出て優勝することです。

筋トレの世界大会です。そこで優勝したら世界一とも言われる。

まずは来年沖縄で開催される大会での優勝に向けての調整を行なっていきます。

ー高い目標を達成するために

ナポレオンヒルの言葉にもあるように、とにかく目標を言語化すること。

そして、行動に移すこと。

行動すれば、自分が思い続けてることを引き寄せてくれます。

やりたいことを想い続けて、言語化して、行動し続けてください。

すぐには結果が出ないと思いますが、長く続けてると必ず結果は変わってきます。

それが出来るかどうかだけだと思います。

◆挑む人◆

沖縄ラジオ株式会社
(FM85.4MHz)

月曜20時〜20時30分

 >>番組公式ページ

>>番組公式Twitter

>>番組Podcast

ピックアップ記事

  1. “やりたいこと”の見つけ方【インタビュー】
  2. 『大学生活』の使い方
  3. 沖縄の大学生が“今すぐ”起業する方法
  4. 沖縄で活動する『LEAD ONE』とはどういうコミュニティなのか?
  5. “今、何を優先するべきなのか”を考えるということ【インタビュー】

関連記事

  1. 挑む人

    『M-1沖縄予選に出場した理由』すぐに劣等感を抱いてしまう自分を変えるための挑戦…
  2. キュレーション

    箕輪さんの講演会を沖縄で開催したいと思った理由
  3. 日刊LDO

    LDOマガジンスタート!
  4. イベント

    箕輪厚介さん沖縄講演会まとめ【第1部・箕輪的仕事術】
  5. キュレーション

    正解かどうか分からないから前に進めない【J’s Blog】
PAGE TOP