挑む人

『大学生活』の使い方

沖縄国際学に通いながら、大学の使い方を考え抜いた結果、来年の春に東京の編入試験に挑む人にお越しいただき、後悔しない大学生活のあり方とこれからの展望についてお話を伺っていきます!

7月9日 20時~20時30分
放送書き起こし

ー自己紹介をお願いします!

伊良皆潤一と申します。

自分は1998年に石垣島で生まれました。

普通科のある八重山高校出身で、AO入試で沖縄国際大学の地域政策学科に進学しました。

自分の家から高校まで自転車で3分、中学校までが徒歩3分っていう感じでしたね。

石垣島出身の人たちはみんな大学に進学すると1人暮らしをするしかないので、生活も大きく変わりましたね。

それで、ちょうど1年くらい前に沖縄本島に来ました。

 

ー今はどういうことをしてるのか

大学の授業も受けながら、LEAD ONEの中で個人で収益を上げるためのマーケティングを勉強したりしています。

というのも、もともと経営とかマーケティングとかに興味があって。

高校の時に進路を考えいて、そろそろ決めないといけない時に親から「とりあえず沖国も受験しといたら?」っていう感じで提案されて、なんとなく受けたのが今の学部です。

で、受験が終わって合格発表までの間で「やっぱり東京の大学に行きたい!」と思って、そっちに向かおうと思ってたんですが、沖国を専願で出してしまっていて、そこが合格してしまっていたので、そっちにいくしかないと(笑)

そんな感じでなんとなく大学に通っていたんですが、今年の正月に地元に帰った時に帰省してきている地元の仲間がそれぞれいろんなことを頑張っていると聞いて、自分もこのままじゃダメだなと。

そこから東京の大学目指して再試験をしようと決めました。

で、4月にもう一度大学の受験をしたのですが、そこに見事に落ちてしまって。

で、進級して2年になったんですけど、やっぱり諦められなくて。

さすがに1年生からやり直すのは金銭的に難しいということで、3年次から編入という形で東京の大学に行きたいなと思うようになりました。

 

ーなぜ編入をしようと?

沖縄にはない、東京でしか感じれないものを感じたいと思ったからです。

小さい頃から、なぜか「自分は東京にいくんだろうなー」という漠然とした思いはずっとありました。

そういうこともあって、どうせ通うなら東京の大学に通おうかなと。

3年次から大学を変えて、住むことに対する不安とかは特にないですね。

東京行ってバリバリ勉強してやろうかなという感じです。

そのまま沖縄にいるよりも、どうせなら挑戦してみた方がいいんじゃないかと。

おそらくこのままなんとなく卒業してしまうと、卒業後に後悔してしまうんじゃないかと思いました。

将来はマーケティングの勉強とかもしたいと思ってるので、そのための勉強とかもして行きたいなという感じです。

英語のレベルが英検2級レベルとのことだったので、まずはそこを目指して頑張ろうかなと思います。

 

ーそもそも大学の意味をどう捉えてるか

よく「遊ぶ場所」だと思ってる人も多いと思うのですが、自分は高校の時も部活を本気でやっていたわけではなくて、そういうのもあって何かにアツくなってる人を羨ましいと思っていました。

だから、大学では自分がアツくなれるようなことにどんどん挑戦して行きたいなと。

もちろん編入とかもお金が結構かかってしまうけど、ありがたいことに親もそれを許してくれて

みんなが就職してもらう初任給くらいのお金を、大学生のうちに雇われずに自分の力だけで稼いでみたい。

そのためにビジネスとかマーケティングとかの勉強をこれからしていこうかなという感じですね。

 

ー将来の夢

経営者になりたいっていう思いは前からありますね

まだ具体的に何をするとかは決めてないのですが、それはこれから色々動きならがら、まず自分でできる範囲のことから初めて行こうかなと思っています。

 

ー1年生の時はどんな感じだったか

正月に友達から影響を受けるまでは、今の大学で4年ずっと過ごそうと思ってので、だらだらと過ごしてました。

なんとなく授業に受けて、バイトをして、でもバイトを辞めて、みたいな(笑)

自分が何をしたいとか、将来どうなりたいとか考えたことすらなかったです。

「今日の夜ご飯どうしよっかなー」くらいしか考えてなかったですね。

高校にすごい人がいて、高校のうちにシリコンバレーに勉強しに行ったりしてて、今は早稲田大学にいるんですけど。

同じ歳なのにすごいなと思ったのと同時に、自分もこのままだとヤバイなと思うようになりました。

その時くらいに、自分の将来のことを考えるようになって、大学のうちにたくさん挑戦したいと思うようになりました。

 

ーなんとなく大学生活を過ごしてしまってる人が多いことについて

遊びまくるのも楽しいと思うけど、将来のために、将来に繋がることを1つでもやっておくと自分の強みに繋がってくると思います。

大学の勉強だけだと他の人間と差別化ができないから、それ以外に何か1つ勉強して、自分はこれ!というものを持っておくといいと思います。

何をして良いか分からない人はとりあえず資格試験でもすれば良いと思います。

 

ー大学生活を無駄にしてしまってるなーという方に一言

LEAD ONEに入ることじゃないですかね(笑)

自分もここで学び始めて、沖縄でも同じ歳で色んなことに挑戦してる人がたくさんいて、先週あったような200人規模の講演会とかを同じ歳の人が0から作ってる姿をみたり実際に関わったりすることで自分のモチベーションも上がったので、そういう人たちとも間近で関われるLEAD ONEは良いコミュニティだと思います。

 

今回のラジオ音声

挑む人公式ページ

 

 

 

 

 

ピックアップ記事

  1. 沖縄で活動する『LEAD ONE』とはどういうコミュニティなのか?
  2. “やりたいこと”の見つけ方【インタビュー】
  3. “今、何を優先するべきなのか”を考えるということ【インタビュー】
  4. 沖縄の大学生が“今すぐ”起業する方法
  5. 『大学生活』の使い方

関連記事

  1. マインド

    「手段」と「目的」が混同してしまっていないか?

    ・留学に行きたい・起業したい・旅に出たい…

  2. マインド

    トップ4%になるための話

    トップ4%全労働者のうちの年収が1000万円を超え…

  3. 挑む人

    大学生活を濃くするためにできること / 大学生 国場悠一郎さん

     沖縄国際大学4年次で、2年の休学期間中に起業。通信関…

  4. マインド

    無意識のうちに損失を出し続けているという恐怖

    本日の定例の勉強会のテーマは、『収益化までの最短距…

  1. マインド

    無意識のうちに損失を出し続けているという恐怖
  2. 勉強会レポート

    SNSでフォロワーとの信頼関係を築く4つのテクニック
  3. マーケティング

    広告文の成約率を高めるPASONAの法則
  4. マーケティング

    沖縄ではあまり使われない集客ツール
  5. マインド

    確実に成果を出すための条件
PAGE TOP