マーケティング

文章を書く上で超えるべき3つの壁

あなたのビジネスにおいて、インターネットを使って、集客したり商品を販売したりする時に、超えるべき3つの壁が存在します。

もしこの壁の存在を無視してウェブマーケティングを行っても、あなたのビジネスの売り上げを伸びることはありません。

それどころか、意味のない作業をただ続けるだけになってしまうことになります。

せっかくブログやSNSで集客をしようと試みても、この壁に阻まれると意味が無くなります。

沖縄でビジネスをして行くのであれば、今後はインターネットを使ってどれだけ県外に向けて発信できるかが鍵になります。

どんな業種であれ、ビジネスをするならウェブでのマーケティングは欠かせませんよね。

 

だから、まずはこの3つの壁の存在を知ることで、壁を意識した発信ができるようになります。

3つの壁を一つずつ乗り越えて行くことができれば、自然とあなたのビジネスも右肩あがりで伸ばして行くことができるのです。

 

超えるべき3つの壁

 

1つ目の壁:
読まない の壁

まず、最初に来るのは「読まないの壁」です。

基本的に読者は、あなたの文章は読みません。

文章を書いている側は「当然読んでくれるものだ」と思いがちですが、読者は日々大量の情報に触れているので、興味がなければすぐにページを閉じて新しい情報を探しにいきます。

常にあなたのページを去るタイミングを伺っているのです。

基本的にあなたの文章は読まれないと思ってください。

だからこそ、どれだけ読ませ続けられるかが鍵になって来るのです。

 

2つ目の壁:
信じない の壁

読者は常にあなたの文章を疑いながら読んでいます。

絶対的な信頼関係があれば話は別ですが、読者のほとんどはあなたのことやあなたのビジネスのことは知らないでしょう。

そういった相手には基本的に疑って文章を読むのです。

「どうすれば信用してもらえるか」を考えながら書く必要があるのです。

 

3つ目の壁:
行動しないの壁

もしあなたがビジネスにウェブマーケティングを活用するなら、お客さんに何かしらの行動を起こしてもらう必要があります。

・クリックしてもらう
・登録してもらう
・購入してもらう

読者に具体的な行動起こしてもらってこそ、そのページには意味が生まれるのです。

ですが、ほとんどの読者はあなたの思うようには行動してくれません。

せっかく読んでくれて信じてくれても、最後の「行動しないの壁」を超えない限りあなたのビジネスが伸びることがないのです。

ここでは、「どのようにすれば具体的に行動しないの壁」を超えることができるかを考える必要があります。

 

以上、3つが文章を書く上で超えるべき3つの壁です。

この壁の存在を意識して文章を書くだけでも、少しは効果があるでしょう。

読まない、信じない、行動しない、それぞれの壁を超えるための文章のライティングテクニックをコピーライティングと読んだりします。

コピーライティングに関してはまた別の機会でお話しようと思います。

LEAD ONEの定例勉強会では、「コピーライティング」に関するテーマを扱うことも多いので、そこで「3つの壁」の超え方はしっかりと押さえておくようにしてください。

 

 

ピックアップ記事

  1. 学生起業への挑戦【インタビュー】
  2. “今、何を優先するべきなのか”を考えるということ【インタビュー】
  3. “やりたいこと”の見つけ方【インタビュー】
  4. 『大学生活』の使い方
  5. 沖縄の大学生が“今すぐ”起業する方法

関連記事

  1. マインド

    トップ4%になるための話

    トップ4%全労働者のうちの年収が1000万円を超え…

  2. マーケティング

    ライティング力を上達させる練習方法

    昨日の記事では、ライティング力を鍛えることの重要性…

  1. 収益者インタビュー

    “やりたいこと”の見つけ方【インタビュー】
  2. キュレーション

    正解かどうか分からないから前に進めない【J’s Blog】
  3. 収益者インタビュー

    他の学生が経験していない“学生フリーランス”という働き方をする【インタビュー】
  4. 挑む人

    安定と言われる公務員の肩書きを捨てて転職した理由とは!沖縄での副業と働き方につい…
  5. マーケティング

    沖縄ではあまり使われない集客ツール
PAGE TOP