マインド

無意識のうちに損失を出し続けているという恐怖

 

本日の定例の勉強会のテーマは、『収益化までの最短距離!』

いかにして、今している作業のペースをあげて初めの収益化まで到達するのか。

実は、早く収益化まで到達する人には共通点があり、その共通点をどれだけ理解しているか。

そして、いかに集客部分をスムーズに進めるかが大事になってきます。

 

ということで、本日も14時〜16時に宜野湾のベイサイド情報センターにて、定例の勉強会が開催されました。

今日の勉強会の中で特に重点的に話されていたことが、「早く収益をあげる方が得である」ということです。

自分自身の力で集客から商品作成、販売までを一通り通して実践することによって、収益を生み出すことができるのですが、

そこに到達するにはコツコツとした地味な作業と多少の努力が必要になってきます。

特に固定費もかけずに行うので、遅く収益をあげたからといって赤字になるということもないのですが、なぜ早く収益をあげた方が得なのか。

そのことを説明するために、今回は「機会損失」という考え方についてお話します。

 

機会損失とは

 

まず、機会損失という言葉を簡単に説明すると、

ある意思決定をしないことで利益を得る機会を失い、それにより生じた損失

のことを言います。

 

つまり、実践していれば利益を得ることができたのに、それを実践しなかったため得ることができなかった利益分の損失です。

少しややこしくなってきましたね(笑)

 

例えば、

月に10万円の売り上げがあがるビジネスを作るまでに、3ヶ月かけて作る人と9ヶ月かけて作る人がいたとします。

3ヶ月かけて作る人は、4ヶ月目、5ヶ月目、6ヶ月目・・・9ヶ月目と、それぞれ10万円ずつ利益を手にすることができるのに対して、

9ヶ月かけて作る人は、9ヶ月まで初めて利益を手にすることができます。

 

この2者の9ヶ月間での売り上げの差は、

3ヶ月で作る人=70万円

9ヶ月で作る人=10万円

で、60万円の差が出るわけです。

 

9ヶ月でこのビジネスを作った人がもし、妥協しなかったら3ヶ月で作ることができたのに、9ヶ月もかけていたとしたら、妥協したために60万円の売り上げ分を損失したという話になります。

(かなり単純に考えての話ですが)

なんとなく理解できたでしょうか?

つまり、早く収益をあげた方が得というのはなんとなくわかると思いますが、行動を遅くすることによってその間見込めた売り上げ分を損しているのです。

 

これはあくまで一例ですが、あなたの実生活の中でも同じことが言えます。

何か決断するのを先延ばしにしていたり、行動するのを先延ばしにしていることによって、機会損失していることがたくさんあるのです。

直接的に何かを失うわけではないので、実感しにくいかもしれませんが、大事な考え方になります。

 

なので、あなたの実生活の中で機会損失していることはないか、今一度振り返って考えてみてください。

ピックアップ記事

  1. “やりたいこと”の見つけ方【インタビュー】
  2. 沖縄で活動する『LEAD ONE』とはどういうコミュニティなのか?
  3. 【学生起業への挑戦】沖縄の22歳の学生が大学を休学して家事代行サービスを立ち上げ…
  4. 沖縄の大学生が“今すぐ”起業する方法
  5. 『大学生活』の使い方

関連記事

  1. マーケティング

    ブログ記事を早く書き上げるコツ

    ブログを描いたことがない人や慣れていない人はどうし…

  2. マーケティング

    あなたのビジネスを大きく飛躍させる商品ラインナップの作り方

    これからあなたがビジネスをゼロから立ち上げ、売り上…

  3. 収益者インタビュー

    半年で二度の大イベントを企画した沖縄の大学生に取材してみた。

    大学1年の時にフィリピンとアフリカのザンビアに滞在。6月にLE…

  4. 勉強会レポート

    ブログ記事を早く書き上げるコツ【勉強会レポート】

    ●テーマ:記事を書く速度を格段に速める…

  5. 日刊LDO

    資本主義社会で勝つための話

    本日の定例の勉強会で取り合え使ったテーマが「自分の…

  1. 勉強会レポート

    セールスに特化したライティングテクニック術
  2. キュレーション

    YesManになるために【Go Zukeyama Okinawa exploer…
  3. 日刊LDO

    LDOマガジンスタート!
  4. 日刊LDO

    購入率を格段に高める『ダイレクト レスポンス マーケティング』
  5. マーケティング

    ニーズを知るためのリサーチツール
PAGE TOP