マインド

“成長のタイミング”の見つけ方

 

あなたがもっとも成長するときはどういう時か。

「成長したいぜー!!」

っていう意欲的な人が多い割に、実際にどんどん成長してる人ってそんなにいないと思いませんか?

人間誰しも成長意欲はあるもので、今の現状のままで満足してる人の方が少ないでしょう。

今の自分より、いい自分になりたい。

だから人は成長意欲があるのです。

じゃあ、成長するためにどうすればいいのか。

成長するためには本を読んだり新しいことに挑戦したり、ということは誰でも思い浮かぶことなのですが、実はあなたの日常生活の中にも成長の鍵はたくさん隠されているのです。

 

ということで、今日はあなたの日常生活の中に囲まれた成長の鍵の話です。

あなた自身が自覚しているか、していないかに関わらず、成長の鍵は色んな所に隠されています。

ここに意識を向けることで、成長の速度を早めることができますし、逆に無意識になってしまうと成長のタイミングを逃していることにもなるでしょう。

 

あなたの日常生活の中での成長のタイミングの見つけ方

①やりたくて、やった方がいいこと

②やりたくて、やらなくていいこと

③やりたくなくて、やらなくていいこと

④やりたくなくて、やった方がいいこと

 

まず、あなたの日常生活の時間の使いかたを上の①〜④に振り分けてみてください。

 

そして、まずは③の「やりたくなくて、やらなくていいこと」をやらないことからスタートです。

意外と、普段の日常生活の中でやりたくなくて、やらなくてもいいことをしてたりすることが多くあります。

これをしてる時間はまじで無駄なので、まずはこの③の時間はなくすことです。

 

そして次に

②の「やりたくて、やらなくていいこと」これの時間を減らす努力をしてください。

いきなりこの時間をゼロにするのは難しいと思いますので、少しずつ減らしていく努力をします。

趣味に当てる時間や、なんとなくぼーっとしてる時間、スマホのゲームをしてる時間、

これらの時間をできる限り減らしていきましょう。

 

②と③の時間を減らすことができれば、その分の時間が空きます。

その時間を使って、①と④のことに時間をさくようにしましょう。

 

①の「やりたくて、やった方がいいこと」は、あなたにとってとても大事なことなので、たくさん時間を使うといいでしょう。

ですが、この記事の本題でもある「成長するタイミング」は実は④の「やりたくなくて、やった方がいいこと」にあります。

自分が成長するタイミングや、ステージが上がる瞬間は、「できることならやりたくない。でもやった方がいいことは分かっている」という所に隠されているのです。

なので、無意識的に④のことに時間をさくことを避けてしまってる人も多いですが、ここにどれだけ時間を使うことができるかであなたの成長の度合いは変わってきます。

 

①の「やりたくて、やった方がいいこと」は誰でもできます。

ですが、④の「やりたくなくて、やった方がいいこと」に取り組める人はなかなかいません。

だからこそ、意識的にそういったことに取り組むことで人よりも成長できて、いち早く目的を達成したり成功に近づけたりするのです。

この④のことに取り組んでいる時間こそ、あなたの「成長のタイミング」なのです。

 

ピックアップ記事

  1. 『大学生活』の使い方
  2. 沖縄で活動する『LEAD ONE』とはどういうコミュニティなのか?
  3. 【学生起業への挑戦】沖縄の22歳の学生が大学を休学して家事代行サービスを立ち上げ…
  4. “今、何を優先するべきなのか”を考えるということ【インタビュー】
  5. 沖縄の大学生が“今すぐ”起業する方法

関連記事

  1. マーケティング

    マーケティング効果を最大化させるペルソナ設定方法

    ビジネスを新しく作るとき、そのビジネスの「理想のお…

  2. ライフスタイル

    1日をより濃くするための習慣

    『1日24時間』全ての人に平等に与えられる…

  3. マインド

    アウトプットを前提としたインプット

    インプットとアウトプット。言葉くらいは聞い…

  4. マインド

    できる理由を考えろ

    問題に直面した時の考え方「これは結構、難しいかも」…

  5. マインド

    本質は常に地味

    「成功法則」だとか「裏技テクニック」だとか、そうい…

  1. 収益者インタビュー

    【学生起業への挑戦】沖縄の22歳の学生が大学を休学して家事代行サービスを立ち上げ…
  2. 挑む人

    沖縄でフリーランサーになるためのファーストステップ
  3. 挑む人

    『成長できる留学』にするために必要なこと
  4. マーケティング

    「〇〇といえばこの人」
  5. 日刊LDO

    LDOマガジンスタート!
PAGE TOP