マインド

目先の利益しか取れない人は、そこから抜け出せない

 

先日、掲載した収益者インタビューでの記事にこのようなことが書かれていました。

 

とりあえず、初めの収益化まではビジネスの優先順位をあげてほしいと思います。

僕と同じように大学生であればアルバイトとか、大学の授業とか、友達との遊びとか、サークル活動とか色々あると思います。

その中で、ビジネスの優先順位をどれだけあげられるか、がポイントだと思います。

僕の場合、学生生活でもっとも優先したいことは制作活動でした。

ですが、後々のことを考えると、今ビジネスを頑張っておいた方がいいことはなんとなく分かりました。

じゃないと、アルバイトをしないと生活できない状態からいつまでたっても抜けることができなかったからです。

いまビジネスを頑張れば、後から制作に集中できる環境を作りやすいんじゃないかと。

なので最初の収益をあげるまではとにかくビジネスの優先順位をあげるようにしました。

>>記事:「“今、何を優先するべきなのか”を考えるということ」

 

これはまさに、そうなだなと思うわけです。

特に、ビジネスを始めた時は利益が出るまで多少の時間がかかります。

なので多くの人はバイトや他の活動を優先してビジネスの優先順位を下げがちですが、これだと結果が出るまでかなり時間がかかってしまう。

時間をかけてやっているとどうしてもモチベーションの維持も難しい。

 

「あの人は、ビジネスに費やせる時間があるから、上手くいった」

ということを言う人がたまにいます。

これは明らかに見当違いで、ビジネスに費やせる時間があったわけではなくて、ビジネスに費やす時間を作っているのです。

 

実際、LEAD ONEの中で学んでる人の中で結果を出すのが早い人ほど、実は実生活では色々と忙しかったりするわけです。

忙しいからこそ、時間の使い方をしっかりと考えるようになるので、時間を無駄にしないようにしようという意識が強い。

逆に、時間を持て余してしまっている人ほど「やる気が出ない」とかいう理由をつけて作業を後伸ばしにしてしまう傾向があったりします。

 

「暇な人」がビジネスで結果を出すわけではなくて、優先順位を変えることができた人。

他にやりたいことがあっても、まず今何をするべきかをどれだけ自分自身で理解できているかどうかというのは重要な要素になってくるわけです。

 

目先の利益や快楽を求めて、長期的な利益を追うことができない人は、いつまでたってもそこから抜け出すことはできない。

短期的に見れば、目先の利益を追っている人の方が成功しているように見えるかもしれませんが、それは目先しか見ていないからです。

目先の利益や快楽よりも、長期的な利益を追うことができる人は、数年後には大きな差をあけている。

 

そのことを踏まえた上で、あなたは何を優先して時間を使うのかを考えてみるといいでしょう。

ピックアップ記事

  1. 沖縄の大学生が“今すぐ”起業する方法
  2. “やりたいこと”の見つけ方【インタビュー】
  3. 沖縄で活動する『LEAD ONE』とはどういうコミュニティなのか?
  4. 『大学生活』の使い方
  5. 学生起業への挑戦【インタビュー】

関連記事

  1. マインド

    批判されるということは大きなチャンスでもあるということ

    何か新しいことを始めようとした時に、どうしても現れ…

  2. マインド

    「飽きる」と「諦める」

    「嫌なことがあったら逃げればいい」「上手く…

  3. マインド

    無意識のうちに損失を出し続けているという恐怖

    本日の定例の勉強会のテーマは、『収益化までの最短距…

  4. マインド

    “成長のタイミング”の見つけ方

    あなたがもっとも成長するときはどういう時か。…

  1. マーケティング

    ビジネスと恋愛に通ずる成功の本質
  2. マーケティング

    『note』を活用して知識・スキル・経験を販売する方法
  3. 挑む人

    沖縄でフリーランサーになるためのファーストステップ
  4. 収益者インタビュー

    学生起業への挑戦【インタビュー】
  5. マインド

    「手段」と「目的」が混同してしまっていないか?
PAGE TOP