マーケティング

沖縄ではあまり使われない集客ツール

 

ここ5〜6年のうちに急激にユーザー数を伸ばしている『LINE』をご存知の方は多いと思いますが、ビジネス用途で主に使われる、一斉送信が可能な『LINE@』を知らない人も実は多くいます。

沖縄県外では飲食店やそのほか店舗などでは、LINE@を運用することも一般的になりましたが沖縄の店舗でLINE@を活用しているお店はどれほど多くありません。

ですが、飲食店や店舗経営に限らず、ビジネスをする上でLINE@はかなり活用できるツールです。

しかも、月間1000通までの送信であれば無料で利用することができます。

読者を集めて、月間が1000通を超える規模になれば有料プランに切り替えるのも良いでしょう。

LEAD ONEで学びながら個人でビジネスに取り組んでいる方も、自分のビジネスにLINE@はぜひ取り入れてほしいと思います。

では、具体的にどのようにしてLINE@を活用すればいいのか。

その実例を上げていこうと思います。

 

1:お客さん(見込み客)とのコミュニケーションツール

ここ数年でLINEが一気いシェアを獲得した理由の1つに、コミュニケーションの手間が省けたということがあります。

LINEが普及するまでインターネットでの会話のツールはE-mailが一般的でしたが、LINEの登場により若者の間では特にLINEでのコミュニケーションが一般になりました。

メールでのやり取りに比べてシンプルで分かりやすく、手軽さがLINEの魅力でもあります。

このLINEの特性を活かして、実際ユーザーと企業とのやり取りをLINEでする企業も増えてきました。

例えば、クロネコヤマトの宅配サービスは再配達の依頼や日時の変更などをLINEで行うことができるのですが、これは人口知能が自動で対応してくれる仕組みにもなっています。

 

2:メルマガの代用

今までDRMのもっとも有力なマーケティング方法としてメルマガが広く活用されていましたが、これがLINE@に変わることも増えてきました。

メルマガとLINE@はユーザーの特性や利用目的によって、メリット・デメリットがあるのでどちらがいいかは一概に言えませんが、ここで一つLINE@の強みをいうとすれば、圧倒的な開封率の高さです。

メールの場合は、そもそも開封すらされずに放置されたりゴミ箱行きになったりするのに対して、LINE@の場合はその開封率の高さは異常です。

メルマガ配信での「読まれない」の壁をLINE@の場合はいとも簡単に超えてしまうことができるのです。

メルマガとLINE@のどちらが良いか、という議論についてはまた後ほど別の記事でお話しようと思います。

 

3:リピーターの獲得

一度お店に来てもらったお客さんに対して、次回もまた来ていただけるように、お客さんのリストを集めてキャンペーン時などに告知を行うという目的でも使うことができます。

沖縄ではそんなに頻繁には目にしませんが、県外では「LINE@を追加してくれれば〜〜が無料!」みたいな卓上POPを頻繁に目にします。

これは、お客さんに対して何かしらの価値を提供してその対価としてLINE@のリストを集めるものです。

飲食店に限らず、様々な業界でこの方法は使われています。

 

 

以上3点、代表的なLINE@の活用方法を書きましたが、これ以外にもスタンプカードやクーポンの配布なども行うことができます。

無料と有料とで使える機能は変わりますが、無料でも十分使えるツールですので、もしビジネスをしているがLINE@を使っていない方は今一度、検討し直して見てもいいかもしれませんね。

 

ピックアップ記事

  1. 『大学生活』の使い方
  2. “やりたいこと”の見つけ方【インタビュー】
  3. 沖縄で活動する『LEAD ONE』とはどういうコミュニティなのか?
  4. “今、何を優先するべきなのか”を考えるということ【インタビュー】
  5. 学生起業への挑戦【インタビュー】

関連記事

  1. 収益者インタビュー

    とにかくまず手を動かして、前に進むこと【インタビュー】

    収益者インタビュー〜実体験を元にヒントを見つける〜…

  2. ライフスタイル

    セブンイレブンが100円ビールを開始した件について

    近いうちに沖縄にも上陸が噂されているセブンイレブン…

  3. 挑む人

    『大学生活』の使い方

    沖縄国際学に通いながら、大学の使い方を考え抜いた結果、来年…

  4. マーケティング

    無料メルマガの配信方法

    インターネットでビジネスをする上で、欠かせないツー…

  1. ライフスタイル

    天才集団が開発したGoogleドキュメントの「音声入力」でブログ記事を書く速度を…
  2. マーケティング

    今すぐ実践できるリサーチ方法
  3. 挑む人

    『豊かさ=幸せ』ではない。東南アジアの国々と沖縄を繋げる挑戦へ
  4. 勉強会レポート

    ブログ記事を早く書き上げるコツ【勉強会レポート】
  5. マーケティング

    文章を書く上で超えるべき3つの壁
PAGE TOP