収益者インタビュー

“今、何を優先するべきなのか”を考えるということ【インタビュー】

 

沖縄県立芸術大学4年生
分野:受験

学び始めたきっかけ

学び始めたのは大学3年の時で、その当時は貧乏学生で、仕送りだけで生活して行くのは難しい状況でした。

大学の方で制作活動に力を注いでいたのですが、バイトでは限界を感じていました。

『時間をお金に変える』という働き方を変えないと、いつまでたってもお金と時間が問題で制作活動に専念できないんじゃないかと。

だから、自分でビジネスをすることに関してはもともと興味がありました。

そこで色々探していると、沖縄で直接集まったり教えてくれたりしてるこの環境を見つけて、参加してみようと思いました。

 

苦労したこと

特にそれほど苦労した、っていうのがありませんでしたが、強いていうならモチベーションと集客ですかね。

自分の場合、モチベーションが下がってしまうと作業もしなくなってしまうので、できるだけ意図的にモチベーションは下がらないように工夫するようにしていました。

一番簡単なことでいうと、毎週やってる勉強会に参加することですかね。

もちろん2時間の中で色々学べるのもそうですが、同じように実践してる人たちと会話したりすることで「自分も頑張ろう」という気にさせられてました。

単純にそういった人たちと話してる時間も好きでした。

 

集客に関しても、初めはそれほど苦労することなく100リストくらいは集まりました。

最初の100リストまでは、とにかく作業の量をこなすことはしていましたね。

作業の量を増やさないと、何が問題かも見えてこないと思っていたので。

Twitterを主な媒体としてやっていたのですが、自分の人間味を出して行くことを意識しました。

インターネットを通してだとどうしても人間性というのが薄くなってしまうので、そうならないように自分の芸術観や価値観、作品の一部を載せるということはしていました。

自分の価値観や芸術観などを表に出すと、反対派の意見を言ってくる人やアンチみたいなのもちらほら出て来ましたけどね(笑)

でも、これはようやく自分の発信が認知され出したということで全然気にはしませんでした。

むしろ何の反応も貰えないより全然良い。

これをひたすら積み重ねてリストはスムーズに集まって行きました。

 

やり始める前と後で何が変わったか

まず経済的な部分に変化が出たのは自分にとって大きかったです。

発信の媒体も、プロモーションの流れも、商品も、一度作ればそれは残して行けるので。

ある程度、収入が安定するという心の余裕は生まれました。

自分自身で稼げるんだという自信にも繋がりましたね。

それまでは自分でビジネスをするということが興味だけで終わっていたのものが、自分でもできたという実感に変わる。

「芸術の世界で食べていくのは難しい」という風に世間では言われていることに対して不安を抱えていたのですが、自分で稼げるならそれも不可能じゃないと思えるようになりました。

そう意味では、将来に対して不安が大きかったのですが、その辺の不安も少しは減って来ました。

ビジネスをするまでは、「こうなりたい!」って将来に向けて何をすれば良いのかが分からなかったのが、イメージできるようになりました。

 

これから取り組む人へのアドバイス

とりあえず、初めの収益化まではビジネスの優先順位をあげてほしいと思います。

僕と同じように大学生であればアルバイトとか、大学の授業とか、友達との遊びとか、サークル活動とか色々あると思います。

その中で、ビジネスの優先順位をどれだけあげられるか、がポイントだと思います。

僕の場合、学生生活でもっとも優先したいことは制作活動でした。

ですが、後々のことを考えると、今ビジネスを頑張っておいた方がいいことはなんとなく分かりました。

じゃないと、アルバイトをしないと生活できない状態からいつまでたっても抜けることができなかったからです。

いまビジネスを頑張れば、後から制作に集中できる環境を作りやすいんじゃないかと。

なので最初の収益をあげるまではとにかくビジネスの優先順位をあげるようにしました。

勉強会の日は基本的にバイトも休みにして、昼の時間は予定を入れないようにしていました。

 

その結果、今ではバイトはせずに制作活動に打ち込むことができています。

おそらく僕以外の方もそれぞれ何かやりたいこととかあると思うのですが、「今それを最優先でやるべきなのか」ということをもう一度よく考えてみるといいんじゃないかと思いますね!

最初のうちは特に、目先だけを考えればバイトしてる方が今月の収入には繋がると思いますが、半年後や1年後のことを考えるなら今のうちに学んだりスキルアップしたりしながらビジネスを作っていく方がいいのでは?という考え方になれるかどうかだと思います。

あとは、教えてくれる人の言うことは、とりあえずやってみることですね。

その上で行動あるのみです!

 

今後、どうして行きたいか

まずは海外留学にいきたいです。

その海外での留学経験を通して、自分の制作活動に繋げていきたい。

海外でたくさん学んで、最終的には自分の作品を販売して生活して行きたいと思っています。

 

 

 

ピックアップ記事

  1. 『大学生活』の使い方
  2. 沖縄の大学生が“今すぐ”起業する方法
  3. “今、何を優先するべきなのか”を考えるということ【インタビュー】
  4. “やりたいこと”の見つけ方【インタビュー】
  5. 【学生起業への挑戦】沖縄の22歳の学生が大学を休学して家事代行サービスを立ち上げ…

関連記事

  1. マインド

    アウトプットを前提としたインプット

    インプットとアウトプット。言葉くらいは聞い…

  2. マーケティング

    広告文の成約率を高めるPASONAの法則

    商品を販売するときの広告文や、イベントの告知文など…

  3. マインド

    “成長のタイミング”の見つけ方

    あなたがもっとも成長するときはどういう時か。…

  1. 挑む人

    『M-1沖縄予選に出場した理由』すぐに劣等感を抱いてしまう自分を変えるための挑戦…
  2. 収益者インタビュー

    今日やれなかったら、明日もやれない【インタビュー】
  3. ライフスタイル

    目標を達成するための3ステップ
  4. 勉強会レポート

    SNSでフォロワーとの信頼関係を築く4つのテクニック
  5. マインド

    確実に成果を出すための条件
PAGE TOP