収益者インタビュー

“やりたいこと”の見つけ方【インタビュー】

 

 

『親や周りの人の判断で生きてきましたが、自分の判断で行動してもいいんだという自信がつきました』

Nさん・21歳・女性
琉球大学3年

LEAD ONEで学び始めたきっかけ

大学2年になった直後くらいに、「自分の力で稼げる人になれたらかっこいいんじゃないか?」くらいの気持ちで参加しました。

それまでは公務員を目指そうと思って勉強していました。

でも、絶対に公務員になりたいというよりは、親にそう言われていたので、なんとなく公務員を目指していた感じです。

自分でビジネスを作っていくうちにやりたいこととか、新しい目的みたいなのがどんどん出てきましたね。

「バイト先の店舗の集客とか、自分がしてみたい」とかっていうのも思うようにもなりました。

 

苦労したこと

セールスプロモーションをかけるときに「大学のテスト+週5のバイト+大学のレポート」が同時期に被っていたので、どうやって時間を作ろうかなというのは考えました。

でも、時間なんて作ろうと思えばいくらでも作れることに気がついて、忙しいなりに時間作ってやってましたね。

あとは、集客の部分はコツを掴むまでは苦戦しましたね。

最初はアクセスも見込み客リストもなかなか集まらなかったですね。

「人見知り改善」っていう分野で発信していたので、Twitterが見てもらいやすいかなと思って、初めはTwitterメインで発信をしていました。

Twitterと平行して、途中からInstagramでも発信することにしました。

結果的に自分の場合はInstagramでの集客がうまくいきましたね。

現在もInstagramでの集客がメインになっています。

 

Instagramの活用例

その時、女性の間で「手書きツイート」みたいなのが少し流行っているというのを知ったので、とりあえず自分もそれを真似しようと思って手書きツイートをすることにしました。

発信のターゲットが女性だったので、そういう意味でも親近感を持ってもらえたんだと思います。

デジタルの文章だとどうしてもドライな感じがして、人間味があまり出ないのですが、あえて手書きにすることで自分という人っぽさというか、キャラを前面に出すことを意識するようにしました。

手書きツイートは、それまでブログ記事に書いていたものの一部を手書きにして複数の写真に分けてアップした感じです。

まず、Instagramの投稿の1枚目の写真は手書きでタイトルを書きました。

それ以降の2枚目、3枚目はブログ記事の内容を端的にまとめた文章をパソコンのスクリーンショット機能で保存して、画像にしたものです。

1枚目:手書きタイトル
2枚目以降:文章のスクショ

みたいな感じですね。

これを投稿するときに意識したのは、ハッシュタグをつけることです。

多分、「#手書きツイート」が反応がよかったのかなと思います。

 

これらを意識した投稿をするようにしたら、1つの投稿ごとにフォロワーがだいたい200人くらい増えて。

1週間くらいでInstagramのフォロワーは1000人を超えましたね。

 

読者アンケートからのリスト化

そんな感じでフォロワーが1500人を超えたあたりで、Instagramでアンケートを取ることにしました。

ただ「アンケートに答えてください!」だけでは答える側にメリットないので、「今後の発信の参考のため」という理由はちゃんと伝えるようにしました。

そして、アンケート項目のメールアドレスの欄の入力は任意にしました。

この時、メールアドレスの入力を任意にした場合、アドレスの入力率は70%くらいでしたね。

「答えてくれた方には無料で人見知り改善に役立つレポートをお渡しするので、欲しい方は入力しておいてください」ということを書きました。

このやり方で、4時間で96人の顧客リストを獲得することができました。

アンケートの結果を見て、商品の内容やコンセプトを考えたり、プロモーション戦略を作るときの切り口などにダイレクトで活かすことができたのも良かったです。

手書きツイートに関しては「#手書きツイート」と検索かけてみてください。参考になるかと思います。

 

学び始める前と後でどう変わったか

それまで自分はやりたいことがたくさんあるタイプではなかったのですが、「これやりたい!」って思うことが増えました。

一度自分で集客から販売まで通してやると、できることが増えるのと、自分の視点が変わるのでアイデアがたくさん出てくるようになって。

今までは自分でビジネスをするとかお金を稼ぐとかそういう概念がそもそもなかったのですが、思考がそっちに向くようになると「あれもできるんじゃないか、こういうこともできるんじゃいか」みたいなアイデアがたくさん出てきます。

そういうのを思いつくと、やってみたくなるんですよね。

今までは単純に自分の視野が狭かったり、考えが偏っていたから「やりたいこと」がなかったんだと思います。

実際に色んな体験をすることで、やりたいことがどんどん出てくるんだということを実感しました。

あとは、「自分の判断でやりたいことをやってもいいんだ」と思えるようになりました。

それまでは親がいうから公務員を目指そうとか、そういう感じで周りの判断に流されることが多かったのですが、この環境に入ってみたら自分で考えて行動してる人たちがたくさんいて、そういう人たちに影響されたのもあると思います。

お金を稼ぐということに対しても、大学のうちはバイト以外の選択肢がなかったのですが、そこに関しての捉え方が変わったのも大きかったですね。

人生の夢・目標

40歳くらいになったら、田舎に住みたいですね。

ゆったりとした生活をして週1回くらい街に買い物に出かける、みたいな生活。

都会のガヤガヤしたところより、人の少ない田舎でのんびりしたいです。

沖縄もいいですが、県外の田舎に住んでみたい。

田舎にいても自分でビジネスはできると思いますし、インターネットだって普通に繋がるので、田舎で何かビジネスをしてみたいです。

 

これから始める人へのアドバイス

「途中で諦めるのは、もったいない」ということを言いたいですね。

どうしても少し上手くいかないことがあると、途中で投げ出したくなりがちなのですが、まずは最後までやりきる。

そしたら、出来るようになることがたくさん増えるので、そこからが楽しいところだと思います。

ほとんどの方は初めてだから難しいと思うこともあるとは思いますが、それは初めだから難しいだけです。

例えば、ブログを書くのも初めは慣れていないのでなかなか書けないかもしれませんが、書いてると慣れてきます。

いま難しいなーと思うことでも、習慣化して慣れてしまえばなんてことないです。

あとは出来ないように思うことでも、とにかく考えて欲しい。

すぐに正解を見つけようとしたり、考えることを放棄するのではなく、自分の頭で考える。

そうしたら、色んなアイデアは出てきますし、それを達成するための方法も必ず見つかります。

 

 

 

ピックアップ記事

  1. 『大学生活』の使い方
  2. 沖縄で活動する『LEAD ONE』とはどういうコミュニティなのか?
  3. “今、何を優先するべきなのか”を考えるということ【インタビュー】
  4. 沖縄の大学生が“今すぐ”起業する方法
  5. “やりたいこと”の見つけ方【インタビュー】

関連記事

  1. 日刊LDO

    LDOマガジンスタート!

    前々からやろうと思っていたLDOマガジンをついに始動させました!第…

  2. マインド

    批判されるということは大きなチャンスでもあるということ

    何か新しいことを始めようとした時に、どうしても現れ…

  3. マインド

    できる理由を考えろ

    問題に直面した時の考え方「これは結構、難しいかも」…

  1. マインド

    “成長のタイミング”の見つけ方
  2. マーケティング

    読者のリストを集める上での3つのポイント
  3. 挑む人

    「沖縄 × 学生 × 起業」 学生起業対談
  4. マインド

    「飽きる」と「諦める」
  5. ライフスタイル

    車移動の時間であなたの資産を増やす方法
PAGE TOP