ライフスタイル

セブンイレブンが100円ビールを開始した件について

 

近いうちに沖縄にも上陸が噂されているセブンイレブン。

今のところ沖縄のコンビニは、ローソンとファミリーマトが競い合っていますが、この競争にセブンイレブンが加わると沖縄のコンビニ事情も大きく変わりそうな気がしています。

その沖縄にくると予想されているセブンイレブンが、100円生ビールなるものを始めるとの情報が出ています。

コンビニでは缶ビールなどはかなり前から買うことができたのですが、今回は生ビールが100円で飲めるということで大きな話題になりそうです。

ただ、おそらくまだこれは一部店舗の試験段階であるのではないか、ということなので今後全てのセブンイレブンに実装されるかどうかはまだ不明です。

 

100円で生ビールが飲めるということで、「居酒屋殺し」との声も上がっているようですが、確かに食べ物やおつまみも揃っていて、なおかつ100円で生ビールを提供されると、500円で生ビールを提供する居酒屋の経営に大きな打撃を与えるのではないかという声もあります。

ですが、おそらくこのコンビニ生ビールを買う顧客の層は居酒屋が獲得している層とはまた異なるのではないかと思います。

居酒屋にくる顧客層は「お酒を飲む」というのと「お酒を飲む空間を楽しむ」ということがメインの目的になることが多いですが、コンビニ生ビールの場合は「ついで買い」のニーズが多くなるのではないでしょうか。

仕事帰りなどの帰宅の途中にコンビニ寄るついでにビールを買う。

 

しかし、沖縄でいえば多くの人は通勤や移動に車を使います。

もちろん車を運転する以上はその場で生ビールを堪能することもできません。

このことを考えると、もしセブンイレブン生ビールが県外では一般化されたとしても沖縄県内で同じように流行るかどうかは微妙なところではあると思います。

 

ただ、セブンイレブンといえば、これまでも淹れたてコーヒーを100円で飲めるコンビニコーヒーを定着させたことでも知られています。

今やセブンイレブン以外でも、コンビニで淹れたてのコーヒーを買うことは一般化しました。

朝のコンビニのレジに並んでみると、たくさんの人がこの100円コーヒーを買っているのがわかります。

同じように、この「セブンイレブンビール」もコンビニ業界を変えるようなインパクトを残すことになるのでしょうか。

 

沖縄にセブンイレブンが上陸するの日が楽しみですね!

ちなみに、こちらのタイムスの記事によると沖縄にセブンイレブンが上陸するのは2019年の秋頃だということです。

セブンイレブン、沖縄初出店は2019年秋 「最後の空白県」 浦添市に専用工場も

 

 

 

 

ピックアップ記事

  1. 【学生起業への挑戦】沖縄の22歳の学生が大学を休学して家事代行サービスを立ち上げ…
  2. 沖縄の大学生が“今すぐ”起業する方法
  3. 『大学生活』の使い方
  4. “今、何を優先するべきなのか”を考えるということ【インタビュー】
  5. “やりたいこと”の見つけ方【インタビュー】

関連記事

  1. マーケティング

    広告文の成約率を高めるPASONAの法則

    商品を販売するときの広告文や、イベントの告知文など…

  2. マインド

    できる理由を考えろ

    問題に直面した時の考え方「これは結構、難しいかも」…

  3. マーケティング

    ビジネスと恋愛に通ずる成功の本質

    今日の勉強会のテーマは「ビジネスと恋愛に通ずる心理テク…

  1. 勉強会レポート

    27日間で収益化を達成したヒミツ【勉強会レポート】
  2. マインド

    無意識のうちに損失を出し続けているという恐怖
  3. マインド

    批判されるということは大きなチャンスでもあるということ
  4. 収益者インタビュー

    カナダで感じた「日本の“働き方”に対する違和感」【収益者インタビュー】
  5. マインド

    成長速度を早めるグロースマインドセットと成長を止めるフィクストマインドセットの違…
PAGE TOP