マーケティング

読者の感情を動かすライティングテクニック『準備編』

 

2月24日の勉強会のテーマは「コピーライティング」について。

コピーライティングは『文章で読者の感情を動かすスキル』のことを言い、インターネットで集客や販売を行う上では欠かせないスキルとなっています。

今回の勉強会ではいくつかのライティングテクニックを解説しましたが、その中でも文章を書く前に欠かすことのできない「準備」の部分について今回はまとめていきます。

 

ペルソナの設定

文章を書く前にまず意識するべきは「誰のための文章」なのかということです。

もう少し詳しくいうと、「誰の感情を動かす文章」なのかということです。

多くの方は世の中の大衆に向けての文章を書きがちですが、大衆向けの文章で感情を動かされることはありません。

特にセールスや集客に使う文章においては、いかに読者の感情を動かすことができるかが重要になってきます。

また感情の動くポイントは人それぞれ違います。

あなたが感情が動くポイントと、あなたの友達の感情が動くポイントは異なります。

その人の興味関心や趣味嗜好、人生経験などのバックグランドなどが人それぞれ違うからです。

例えば、「もっと痩せて綺麗になりたい」と考えている女性と、「もっと体重を増やしたがっちり体型を作りたい」という男性がいたとします。

この2人は、悩みも理想も異なるので、同じ文章で同じように感情を動かすのは無理だということです。

 

そこで、文章を書くときには誰に向けて書くのかを詳細に設定する必要があります。

そのときに重要なのが頭の中で1人の人物がイメージできるくらいまで具体的に落とし込むということです。

頭の中でイメージした1人の人物のことを「ペルソナ」と言います。

ペルソナを設定して、そのペルソナに向けて文章を書くことで一貫性のある響く文章を書くことができるようになります。

この文章、誰に向けて書いているんだろう?と思いながら書くのと、「この人の感情を動かすために書こう!」と思って書くのでは文章の魅力度が大きく変わってくるんですよね。

ですのでまずは文章を書く前に「誰に向けて書くのか?」というのを頭の中で具体的にイメージさせましょう。

 

 

『3つの壁』を超える意識

文章で読者の感情を動かして意とした行動を起こしてもらうために、超えなければならない3つの壁があります。

この3つの壁を乗り越えることができて初めて、集客につながるし売り上げに繋がります。

多くの人はこの壁を意識できていないのであまり意味のない文章になってしまってるんですよね。

で、その3つの壁というのが「読まない・信じない・行動しない」の3つです。

 

読まないの壁

文章を書いてる側としては、そもそも読んでもらえるのが前提だと思って書いてしまいがちなのですが、

基本的にあなたの書いた文章は誰も読みません。

これが「読まない」の壁です。

人は基本的に大量の情報に触れているので、いつでもそのページを閉じる準備をしています。

だからこそ、「読ませる」ということを意識しないといけないんです。

「読まれるだろう」と思い込んで書く文章と、「読ませよう」と思って書く文章では惹きつけ方も大きく変わってきます。

まずは基本的に文章は読まれないものだと思い、読ませる工夫を冒頭部分で意識的に入れていきましょう。

特にタイトルは重要で、ライティングの世界では「タイトルに8割の力を注げ」と言われるほど、タイトル付けは重要になってきます。

 

信じないの壁

基本的に読者はあなたの文章の内容を信じません。

特に情報過多のこの時代において、読者の信用を得るのは非常に大事なってきます。

たとえあなたが全て100%事実のことを書いたとしても、読者は疑いながら読んでいます。

だからこそ、「信じてもらう」ということを意識しなければなりません。

客観的な立場から自分の文章を読み返してみて、それは信用に足るものかどうかをチェックしてみましょう。

 

行動しないの壁

コピーライティングのもっとも重要な役割は「読者を行動させること」です。

感情を動かし、最終的に行動を起こす事がゴールになってきます。

・クリックしてもらう
・登録してもらう
・商品を購入してもらう
・ノウハウを実践してもらう

どれも「行動」に当てはまります。

どのビジネスでも、受け手側の行動を変える事ができれば基本的にどんなビジネスでも成功できます。

あなたが意図したタイミングで意図した行動を起こしてもらえるようになれば、今後お金に困ることもないでしょう。

しかし基本的にあなたがどれだけ熱心に伝えたとしても読者はなかなか行動を起こそうとしないのです。

たとえどれだけ有益で価値のある情報を教えたとしても、行動にまで起こしません。

「じゃあ、どうすれば行動を起こしてもらるか?」を考えながら書く必要があるのです。

 


 

これらを意識しているかどうかだけでも、文章の質は大きく変わってきますので、これから文章を書き始めるという方はぜひ意識してみてください!

 

 

ピックアップ記事

  1. 沖縄で活動する『LEAD ONE』とはどういうコミュニティなのか?
  2. “今、何を優先するべきなのか”を考えるということ【インタビュー】
  3. 学生起業への挑戦【インタビュー】
  4. 『大学生活』の使い方
  5. “やりたいこと”の見つけ方【インタビュー】

関連記事

  1. マーケティング

    最強のセールス方法

    フリーランスが急増している近年、個人が個人でビジネ…

  2. マーケティング

    あなたのビジネスを大きく飛躍させる商品ラインナップの作り方

    これからあなたがビジネスをゼロから立ち上げ、売り上…

  3. マーケティング

    無料メルマガの配信方法

    インターネットでビジネスをする上で、欠かせないツー…

  4. マーケティング

    マーケティング効果を最大化させるペルソナ設定方法

    ビジネスを新しく作るとき、そのビジネスの「理想のお…

  5. マーケティング

    『note』を活用して知識・スキル・経験を販売する方法

    昨今のインターネットサービスの発展のおかげで、個人…

  6. マーケティング

    広告文の成約率を高めるPASONAの法則

    商品を販売するときの広告文や、イベントの告知文など…

  1. マインド

    できる理由を考えろ
  2. マインド

    「手段」と「目的」が混同してしまっていないか?
  3. イベント

    箕輪厚介さん沖縄講演会まとめ【第2部・沖縄をアップデートせよ!】
  4. マインド

    「飽きる」と「諦める」
  5. 挑む人

    沖縄で好きなことして生きて行く『YouTuberへの挑戦』
PAGE TOP