収益者インタビュー

カナダで感じた「日本の“働き方”に対する違和感」【収益者インタビュー】

 

20歳の時にした約1年間のカナダ留学を機に仕事や働き方に対する価値観が代わり、「やりたいことができる人生」を実現するために取り組む名嘉さんにインタビューしていきます!

名嘉 進祐さん

学び始めたきっかけ

ーLEAD ONEで学ぼうと思ったきっかけは何ですか?

それまでは基地の中でバイトをしていて、週5回出勤して毎月7万円もらうみたいな生活でしたが、結構ギリギリで。

やっぱり時間労働でずっと働いてたら何も変わらないなという思いはずっとありました。

時間=収入ではなくて、自分の実力=収入に繋がる仕組みを作りたいなと。

そうなってくるとやはり自分のビジネスを作るしかないなと思ったので、色々と調べたりしてました。

とは言っても自分も経験もなくて、何から初めてもいいか分からない状態だったので、そこはちゃんとゼロから学びたいなと思ってました。

そんな時にたまたま同じ年の知り合いから話を聞いてこの環境を知って、自分も参加してみようと思いました。

 

ー働くことへの意識が変わったきっかけは?

20歳の時にカナダに1年近く留学に行っていた時期があって、そこで影響を受けたのが大きかったです。

日本の人って嫌でも我慢して仕事を続けるみたいなイメージが強いんですが、向こうの人は違うんですよね。

日本人は年齢を増すごとに、やりたいことを我慢して「安定」を求めるみたいな考えの人が多いのに対して、カナダの人は年齢とかは関係なくやりたいことをしてました。

30歳とかでもワーホリしてたりして。

日本では残業もわりと当たり前のように行われてますが、向こうの人は残業とかはかなり嫌がるんですよね。

やりたくないことを無理に我慢してやり続ける必要はないのかも、と思えるようになりました。

それで、そういう人たちを見てると、自分も1回しかない人生は「やりたいことをやって行こう」と思うようになりました。

そういう意味では、カナダの留学体験で自分の中での常識が変わって行きました。

働くとか、仕事をすることの意義とかも考えるようになって。

 

学ぶ前と後で変わった変化

今までは月に20万とか30万とか稼ぐには肉体労働するしかないかなと思ってたんですが、そうではなくて生み出した価値でお金を稼ぐという実感が得られましたね。

一番最初の収益が、月間で25万円くらい上がったので心に余裕が生まれるようになりました。

それまではバイトで毎月7万円くらいの収入で、同じ額を生み出すには同じ時間働き続ける以外の選択肢がなかったので。

今月100時間働いて7万5千円稼いでも、来月も同じ額必要だとしたら同じ時間働くしかないじゃないですか。

ただ、自分が生み出した価値でお金が稼げるようになると、「どうすればもっと効率よくできるか?」を考えるようになるので自然と心に余裕が生まれてきました。

ゼロから自分で市場を選んで商品作り、集客、販売までをどうやって仕組み作ればいいのかもなんとなく理解できました。

今後はもっと収益を伸ばせるように頑張って行きたいです。

 

苦労したこと

苦労したことは、一時期モチベーションが低下していたことですかね。

やはり初めの方はコツコツした作業も多いじゃないですか。

「ブログとか書かないといけないな」という思いはありながら、なかなか前に進まなかったです。

作業とかもストップしてしまってましたね。

そんな時に指導してくれる人に直接会いにいくことで、モチベーションを上げ直すことができるようになりました。

それまでは自分がこれからやる流れとか作業の内容とかがあまりイメージ付いていなかったので、ちゃんとそのイメージを持つのは大事だなと感じましたね。

あとは自分の商品を買ってくれたお客さんとの接し方の部分で、言葉の選び方が難しいなと思いました。

ちょっとした一言で相手を不快な思いにさせたるすることはあるので、その辺は少し苦労しましたね。

 

これから始める人へのアドバイス

モチベーションが下がってしまったとしても、継続はするようにして欲しいですね。結局は「やるかどうか」が全てなので。

ただ僕も継続は得意な方ではなかったので、やる気がある時に一気に作業を進めてしまうというスタンスでやってました。

ブログの更新とかも毎日コツコツやるというよりは、やる気がある時に書き溜めて予約投稿していくといった感じです。

これがいいかどうかは個人差あるかもしれませんが、試して見るのはいいかもしれません。

 

もう1つは、最初の収益額の目標金額は決めた方が質が上がるかなと思います。

最終的にその金額に到達するかどうかは結果論なのであまり重要ではないんですが、目標を作ることによってそこまでの過程が変わってきますよね。

僕の場合は最初の目標の収益金額を20万円と決めていたので、そこを決めると

・セールス時にどれくらいのリスト数が必要で
・反応率がどれくらい必要で
・商品の単価はどれくらいにする必要がある

というのが分かるので、それに合わせたセールススケジュールとプロモーションを作るようにしていました。

 

今後の目標

最終的には投資家になりたいなと思っています。

もちろんビジネスも続けていきたいので、最終的にはビジネスで繋がりを作り、お金で時間が作れてる状態が理想です。

投資をするには初期の資金が少ないと話にならないので、そのためにもまずはその資金を作るためにビジネスを頑張って行こうと思います。

 

 

 

 

ピックアップ記事

  1. “やりたいこと”の見つけ方【インタビュー】
  2. “今、何を優先するべきなのか”を考えるということ【インタビュー】
  3. 『大学生活』の使い方
  4. 【学生起業への挑戦】沖縄の22歳の学生が大学を休学して家事代行サービスを立ち上げ…
  5. 沖縄で活動する『LEAD ONE』とはどういうコミュニティなのか?

関連記事

  1. 収益者インタビュー

    今日やれなかったら、明日もやれない【インタビュー】

    収益者インタビュー〜実体験を元にヒントを見つける〜…

  2. 収益者インタビュー

    とにかくまず手を動かして、前に進むこと【インタビュー】

    収益者インタビュー〜実体験を元にヒントを見つける〜…

  3. 収益者インタビュー

    半年で二度の大イベントを企画した沖縄の大学生に取材してみた。

    大学1年の時にフィリピンとアフリカのザンビアに滞在。6月にLE…

  1. マーケティング

    【金属を食べて生きる少年の正体とは!?】⇨読者を惹きつけるライティングテクニック…
  2. マーケティング

    「〇〇といえばこの人」
  3. イベント

    平成最後のBBQ
  4. マーケティング

    今すぐ実践できるリサーチ方法
  5. 収益者インタビュー

    “やりたいこと”の見つけ方【インタビュー】
PAGE TOP