収益者インタビュー

学生起業への挑戦【インタビュー】

 

大学1年生の時に「なんとなく、かっこいい」という理由で興味本位で始めたビジネスにハマっていき、筋トレの分野で発信もしながらLEAD ONEで学んだことを活かして大学在学中に家事代行会社を立ち上げた宇江城さんにお話を伺っていきます。

 

宇江城雄斗さん(22)
沖縄国際大学4年次(休学中)
合同会社SUNJU 代表

学び始めたきっかけ

自分が学び始めたのは大学1年生のときなのですが、始めは単純に「フリーランスとして収入を得ている人が、かっこいいな」と思ったからです。

あまり深くは考えていなかったですね。

スタバでMacbookを開いて仕事をしている人とかをみて、単純にそういうのに憧れみたいなのがありました。

それまでは週6でゲームセンターでバイトをして、週5くらいで友達と公民館で飲んだりとかして、大学もなんとなく通ってみたいな生活でした。

入学当初は教員を目指そうと思ったのですが、いきなり単位を半分も落としたのでそれは断念しました(笑)

そこで何か新しいことをしたいなと思って、友達と協力して物販をやり始めたのですが、それも上手く行かず。

その時に知ったのがこの環境でした。

始めは筋トレの分野でスタートしました。

定例の勉強会には毎週ほぼ休まずに行くようにしてましたね。

 

苦労したこと

一番苦労したのは集客ですね。

ブログを30記事ほど書いて、次に顧客のリストを獲得しに行くところでまず始めの壁にぶち当たりました。

読者がなかなか思うようにリストを登録してくれない。

そこで、考えたりアドバイスを受けたりしながら、いろいろ試してきました。

そしたらある時、急にリストが集まるようになって。

リスト獲得のポイント

その時にやったことが、LP(リスト取り記事)をかなりシンプルに書き換えたことです。

それまでは結構長ったらしいLPに誘導していたのですが、主張することを端的にまとめたシンプルなリスト記事にまとめました。

4つの学習タイプ通りにシンプルに。

 

それと同時に、Twitterのプロフィールに、身長や体重などの自分のパーソナルデータもできる限り明確に書くようにしました。

それによって読者の中で自分というキャラがよりリアリティになったのかなと思います。

それまではどうしても「業者っぽさ」が出ていたのかなと。

その2つをした後から、リストの入る数がそれまでの5倍くらいに増えて、一気に集客が進んで行きましたね。

その時メインで使っていたのはTwitterでした。

 

現在は女性向けの筋トレダイエットの発信も行なっているのですが、これはInstagram主体で集めています。

Instagramは投稿を工夫するようにしていて。

Instagramは1つの投稿で複数の画像をまとめてアップすることができるのですが、この機能を活用しています。

 

まず、1枚目が表紙(タイトル)、2枚目にノウハウ、3枚目にノウハウを実践してる動画という構成です。

これでInstagramの投稿自体が学べるスライドショーみたいになる感じです。

このコンテンツを投稿する時に、ハッシュタグをたくさんつけるようにしています。

ハッシュタグとは「#ダイエット」みたいな感じのやつです。

フォロワーや読者のほとんどが、このハッシュタグ経由で自分の発信を認知してくれていますね。

できる限りターゲットが検索しそうなハッシュタグをたくさん含めることを意識しています。

このやり方で1日に80人の顧客リスト(LINE@)の登録を得ることにも成功しました。

 

 

学び始める前と今とでは、どんな変化があったか

変わったことといえば、もう考え方が全て変わったんですけど、あえて言うなら自分に自信がつきましたね。

多かれ少なかれ、自分で稼げるようになったという自信です。

それまでは稼ぐ方法といえばバイトをすることしか知らなかったので、自分の力で人を集めて商品を作って販売してお金を稼げるんだというのを体感できたのは大きかったです。

あとは、自分で色々と考えるようにもなりました。

バイトしかしてなかった時は、「仕事」といえば指示されたことをこなすだけでしたが、自分でビジネスをするとなるとそういうわけにはいきませんから。

誰かが指示してくれるわけじゃないので、必然的に考えないと結果を出すことができない。

どうすればより上手く行くのか、売り上げが増えるのか、ということを常に考える癖はつくようになりました。

 

実業への展開

今は大学を休学して、SUNJUという会社を設立して家事代行の事業も行なっています。

メインの拠点は沖縄県の中部です。

家事を代行してほしい人を集めるために、WEBからの集客も行なっているのですが、その時にここで学んだことがダイレクトに生きているなと感じます。

まだこの事業を初めて3ヶ月とかですが、「(地域名) 家事代行」とかで検索かけてもらえれば、だいたい1ページ目に自社のサイトを表示させることができています。

それによって、まだ少しずつですがWEBからのお問い合わせも増えてきています。

あとはLINE@やメルマガを活用したDRMも、今の事業に応用させています。

沖縄では特に、同業者でこうやってWEBとかを使ってるところは少ないので自社の強みにもなっていますね。

 

今後の展望

1年以内に今のSUNJUで100世帯の固定の会員さんを獲得したいです。

そして5年以内にはこの業界で沖縄一の会社にしたいと思っています。

筋トレの分野では、沖縄県内で女性向けのダイエットコンサルも展開していきたいなと思っています。

まずは年商億越え企業にすることを目指していこうと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピックアップ記事

  1. 学生起業への挑戦【インタビュー】
  2. 沖縄の大学生が“今すぐ”起業する方法
  3. “今、何を優先するべきなのか”を考えるということ【インタビュー】
  4. 沖縄で活動する『LEAD ONE』とはどういうコミュニティなのか?
  5. 『大学生活』の使い方

関連記事

  1. ライフスタイル

    LEAD ONEに入って

    こんにちは、名桜大学国際学群二年次瑞慶山 剛です。…

  2. マインド

    トップ4%になるための話

    トップ4%全労働者のうちの年収が1000万円を超え…

  3. 日刊LDO

    LDOマガジンスタート!

    前々からやろうと思っていたLDOマガジンをついに始動させました!第…

  4. マーケティング

    最強のセールス方法

    フリーランスが急増している近年、個人が個人でビジネ…

  5. マインド

    批判されるということは大きなチャンスでもあるということ

    何か新しいことを始めようとした時に、どうしても現れ…

  1. 挑む人

    沖縄でフリーランサーになるためのファーストステップ
  2. 日刊LDO

    沖縄で活動する『LEAD ONE』とはどういうコミュニティなのか?
  3. マインド

    “成長のタイミング”の見つけ方
  4. ライフスタイル

    車移動の時間であなたの資産を増やす方法
  5. 挑む人

    内気な自分の殻を破るためにできること
PAGE TOP